泰日工業大学(TNI)奨学金基金へのご協力のお願い
Request for Cooperation for TNI Scholarships

 TNIでは、現在、『TNI奨学金基金』を募集しています。

○   TNIはお陰さまで、年間1000人を超える学部生入学規模になり、開学趣旨の日系企業を始め、タイ産業界に貢献できる人材育成、とりわけ日系企業に通用するコミュニケーション能力と日本型ものづくり教育を通じて将来の産業中核人材を供出できる状況になりました。

○   奨学金活用例は、「5人のTNI奨学生」をご参照ください。 

 

5人のTNI奨学生

 

イン君(名のインパンYingpanの略称から)AE(自動車工学)専攻3年生

  1. バンコクから230K北にあり、天国の都市の意味のナコンサワン出身です。
  2. 大学の近くにある5000バーツのアパートを友達と二人で分担しています。生活費約10,000バーツは、親が負担してくれています。
  3. TNI奨学金を毎期ごとに17,000バーツ貰っていますが、もし貰えなかったとすれば、もっと勉強して、何とか奨学金を貰うようにしたと思います。なお兄は国立マヒドン大の奨学生です。
  4. 志望理由は、TNIの特長は日本語とものづくりなのでAEを専攻しました。
  5. 将来の希望は、できれば日本の自動車会社に就職したいと思っています。
  6. 日本企業は、他の会社より従業員の面倒を見てくれると思います。これは、昨年15日間JSAE自動車学生フォーミュラで静岡に行って会社の見学をし、さらに今年の4月北海道の室蘭工大で40日間学んだ経験から、言えると思います。また問題があったとき手伝ってくれて、日本人はやさしいと感じました。
  7. その他:日本食では特にラーメンが好きです。

 

 

ゴイさん(小指の意味で、実名はパピモンPapimol )IB(国際経営学)専攻3年生

  1. バンコクのラーマ2世通りが実家で、大学からは、交通渋滞が頻繁で片道3時間かかり、近くのアパートに住んでいます。姉・妹と兄の4人兄弟です。
  2. 大学の隣のアパートに住み、月額2500バーツを親が負担してくれています。
  3. 奨学金はコーヨーソー(政府教育ローン)の月額2,200Bで、これがなければアルバイトをもっとしなければなりませんでした。いまも数学を学生に教えています。
  4. TNIのことを、先輩から聞いて、また来年AEC(アセアン共同体)になるので、英語と日本語とビジネスを学べるIBを専攻しました。
  5. 将来は、ロジスティックス(サプライチェイン)の仕事か自動車レースが好きで車の会社で働きたいと思っています。
  6. 日系企業はシステムに優れ、従業員は学習機会を持て、情報を共有するのが良いと思います。
  7. その他:カイゼンの考え方や、日本に行く機会も魅力的で、日本企業は自分が成長できる。またいろいろな産業があると思います。

 

 

 

ピムさん(タイプを打つという意味で、本名はチャニサーChanisa)BJ(日本語・経営学)専攻2年生

  1. プーケット出身で、母・妹がそこですが、父は近くのクラビ、兄はパンガーに住んでいます。
  2. 近くのアパートに住み、生活費は和食のもつ焼き料理屋で月2-3,000バーツを貰ったことがありますが、いまは政府教育ローン(コーヨーソー)を受けています。
  3. いまは学期(年2回)ごと25,000Bを借りています。
  4. TNIのことは、高校2年のときインターネットで知りました。日本語と経営を勉強したかったのが志望理由で、いまは日本語N4級ですが、もっと頑張ります。
  5. 将来は、例えばタイと日本を結びつけるガイドなど日本関係の仕事をしたいと思っています。日本の寒さが好きなので、できれば日本で家族と住みたいとも思います。
  6. 前のアルバイト経験から、日本の会社は厳しいけど、仕事が終わって話をしてくれるなど、日本人はやさしいと思います。アルバイトは勉学の支障になり、いまは勉強に専念するためやめました。
  7. その他:高3のとき、おじいさんが経費を出してくれて日本の大阪・京都・東京・広島を旅行しましたが、役立っていますし、うなぎ・すしが好きになり、日本人は親切です。
     

 

 

ワーさん(Vaは、バレンタイン誕生日にちなみ、本名はカノックワンKanokwan)BJ(日本語経営学)専攻

  1. ヒマワリで有名なロッブリーLopburi出身で、バンコクから2-3時間かかります。弟(高校生)はおばあさんとそこに住んでいます。
  2. 母と一緒にとシーコンスクウエアに住んでいて大学からバスで15分ぐらいの所です。毎月小遣い2000バーツを母が負担してくれています。
  3. いま、TNI学業支援金奨学金を3万バーツ受けていますが、奨学金がないとアルバイトをしたと思います。今も臨時ですることもあります。
  4. TNIでは、日本語とビジネスを学べます。タイは日系会社・工場がたくさんあり、拠点になっています。日本語は、日本企業で働くのに重要で、将来働きたいと思っています。
  5. 将来は、マーケティングの仕事をしたいと思いますし、ロッブリーにも日系企業がありますし、日本で働く機会があれば考えたいと思います。
  6. 日系企業は、他より秩序があり、成功していると思います。日本人が勤勉で仕事と社会に対し責任感があるからと思います。
  7. その他:長崎、広島の原爆被災からも、勤勉、一生懸命、まじめで立ち直ったのは素晴らしいと思います。

 

 

フォンさん(Fon 雨の時期に生まれたからで、本名はNipaporn) BJ(日本語経営学)専攻 3年生

  1. マレーシアに近いナラチワット出身で、親・弟が住んでいます。
  2. 大学近くのアパートに住み、土日はレストランでアルバイトをして月額2000Bです。
  3. TNI学業支援金で年間30,000バーツの支援がありますが、なかった場合、毎日アルバイトをするか、親族からお金を借りることになったと思いますが、大変です。
  4. TNIの志望理由は、日本語と経営学を勉強したかったからで、この勉強ができるのはTNIだけです。またいい会社に入る可能性が高いと思います。
  5. 将来は、銀行で国際金融の仕事をしたいと思っています。またお金をためて母にタイ料理のレストランを開店したいと思います。
  6. 日本の会社はしっかりして、規律などは他の会社より進んでいます。カイゼンの考え方もとてもいいと思います。
  7. その他: 日本食はすしなど、何でも好きです。

いまなぜ奨学金?

 TNIは、グローバルな企業競争時代の産業人材養成という、明確な社会貢献の意図がありますが、まだ6年目で、それほど有名とは言えず、この奨学金は、タイ全国から意欲あって日‐タイ関係に関心を持つ、 優秀な学生を集める有力な動機になります。特に、これまでの国立有名大学などに伍して学費面などで経済力のない家庭からも募集できると考えます。なお頂戴する奨学金はすべて奨学金として使い(奨学生の学費・生活費に充当)、運営費には充てません。

 

 

産業分析人ネットPAI-NET奨学生激励会

 

左写真は激励会、写真後列は6人の就職者と7人の学生。前列左から水谷・吉原(TNI)、小島・分析産業人ネット常務・事務局長、河井アジア・シード主任研究員、ポーンアノン(TNI) 

右写真:左から発言者のスラパーさん、ティティラットさん、アシタさん、ワサンさん、チャイワットさん、ウィリヤさん

 

 

9月23日、産業分析人ネット・アジア・シード(アジア科学教育経済発展機構)奨学生の激励会をTNIで行いました。TNIでは、学費や生活費を支援する5種類の奨学金制度(次頁参照)があり、両機関も特定非営利法人として、TNI学生を支援して頂いています。激励会では、就職者から、学生生活を充実でき、いまでは仕送りを含め家族に貢献できるようになったとの感謝の発言がありました。

以下6人の元奨学生=卒業生の意見を紹介します。

ティティラットさん(経営学部工業経営学(IM)専攻、Toyota Motor Thailand社):仕事は、自分の専攻を活かせ、サプライヤーとの新製品開発などプロジェクト・マネジメントの仕事も気に入っている。朝会では通訳などで、日本人とタイ人との橋渡し役ができ、TNIで学んだ専門のほか、チームワーク、日本語、英語が役立っている。

 アシタさん(経営学部日本語経営学(BJ)専攻、Wesuccess 社):この3-5月日本で中小企業研修を受け、家族経営の化粧品会社のマーケティングを担当している。TNIでは、語学と組織行動が大変役立っている。

ワサンさん(工学部自動車工学(AE)専攻、Nissan Motor Asia Pacific社):専攻を活かし、事業拡大しているニッサンでフレーム開発などの担当をしている。会社では日本人のメールを同僚に訳したり、英語を使用することが多いので、TNIでもより実践的な語学を目指してほしい。

チャイワットさん(工学部自動車工学(AE)専攻、トヨタTMAP社):会社ではランプ設計の業務で、日本語も英語も常時使い、TNIでの勉強が非常に役立っている。日本企業文化の講義など更に充実してほしい。

 ウィリヤさん(情報学部情報技術学(IT)専攻、Emwork Group社):日系の鉄鋼メーカーにいたが、最近7人だけの小さな同社に移った。これまでの仕事もITサポートなど専攻を活かすものであったが、この会社でシステム・アナリシス・プログラマーとしてウエブやプログラム・デザインなどIT全体の仕事ができるので、張り切っている。TNIで日本語を学び、また友達を作れ、TNIは、私の家族と思っている。またTNIよさこいクラブ(サークル活動)も良い思い出。

スラパーさん(工学部コンピュータ工学(CE)専攻、Toyota Tsusho Electronics Thailand社):車載用組込みソフトエンジニアとして遣り甲斐のある仕事。プログラミング基礎や語学、日本文化などTNIで習ったことが役立っているが、更に実践的になるよう期待したい。


facebook